個人年金の基礎知識

個人年金と公的年金の比較サイトなど、インターネット上に年金に関するサイトがかなり増えてきているようです。 そういう意味では、個人年金というものに注目が集まるのも、当然の流れといえます。そういったこともあって、年金に関する様々な問題提起が行われています。ですが、2009年現在において、「消えた年金」問題はまだ完全に解決していません。

自分の年金は自分で守る必要があります。それに伴い、近年は年金に関する様々な興味や関心を持つ方が増えてきています。昔は、年金という問題は比較的高齢層に限定した話題だったのですが、現在では若年層でも個人年金などの問題について色々と考える機会が増えてきています。その消えた年金に関しては、非常に大きな話題を生み、大臣となった舛添厚生労働大臣が全力で取り組むという約束をしたことは、多くの人の多くに新しいところですよね。

いまだ、特定できない消えた年金が存在しているのです。はっきり言って、こういった問題が今後二 度と起きない保証はありません。比較的若年層にはなかなかピン と来ないことが多かった年金問題ですが、現在進行形で国民を侵食している以上、無視する事は できないでしょう。 しかし実際のところは棚上げされ、ほとんど話が前に進んでないというのが現状なのです。

厚生年金、国民年金といった国が管轄していた保険料が、記録として残っていないという、あってはならない事態が 発生してしまったこの問題、若い人であっても当然知っている事でしょう。年金問題として、最も多く話題に上っ たのは、やはりあの「消えた年金」でしょう。国が管轄するからと絶対的に安心をできるような時代ではないという事です。 多くの人が実際年金に対して不満を抱き、実際に払っていないひとも多くいるのです。この先も払わない人が 増えてくる可能性も高いのです。



個人年金とは何か

金融商品のひとつで、民間の保険会社も取り扱っています。先に自分がある程度出資し、その後一定年齢に達した場合、その投資額に応じて給付を受けるというシステムですね。 簡単にいうと、前者は何も支払わず、一定年齢に達し、尚且つ一定所得を下回る方に対して普及された年金です。そういった背景もあり、年金システムのひとつである個人年金に関しても、比較サイトや公的年金との比較をする記事など、かなり数多くの情報が提供されています。

無拠出制年金とは、受給者が掛け金、保険料などを負担しない年金です。ショッキングな問題として、連日のようにニュースを賑わせた「消えた年金」問題ですが、最近ではあまり聞かなくなってきました。一方、後者は近年の年金の主流である年金保険を差します。年金はいくつかの制度に分かれますが、基本的には「無拠出制年金」と「拠出制年金」に分かれます。

養老年金などが相当します。では、そんな比較的話題に上る事の多い個人年金について、どのようなものなのか見ていきましょう。ですが、年金問題自体はまだまだ解決とは言い難い状況で、その為に国の年金のシステムに関してかなりシビアな目が向けられています。個人年金の場合は、自らが積み立てを行い、年金を受け取るというタイプの年金保険です。

個人年金というのは、正式には「国民年金保険」という名称の年金保険です。個人年金も、こ の年金保険の一種です。一方、拠出制年金は、受給者が掛け金、保険料を負担する年金です。 年金というのは簡単にいってみれば将来への預金のようなものです。強制的ではありますが、 老後のための預金なのです。

個人年金はどこでも加入できるか?

年金自体投資と同じ意味合いのものなのですが、国が管理するという事で、どうしてもギャンブル的要素とはイメージが合致しないというのが、ほとんどの人の見解かと思います。中でも郵便局の個人年金保険は人気が高いです。この他、証券会社や銀行、信託銀行といった機関も個人年人を取り扱っています。個人年金とはいえ、基本的には保険なので、保険を取り扱っている会社の多くが、個人年金を取り扱っています。

信頼度という点においては郵便局が一番のようですね。実際、個人年金というものが一般的に広まったのは比較的最近の事なので、まだ個人年金自体、他の金融商品と比較して、そこまでメジャーではなかったというのもあります。 個人年金というと比較的年金というイメージが強いので、どういった機関に申し込んで加入手続きを行うのか、いまひとつピンとこない方も多いかと思います。そして保険という事で、郵便局や全労災、あるいはJAなども個人年金を取り扱っています。

生命保険とかなり近い性質があるので、生命保険会社で取り扱われているケースが多いですね。それは郵政民営化が実現した今でも同じです。例を挙げると、アフラックや東京海上日動などの民間保険会社などが取り扱っています。しかし、実際には今の時代、年金であってもそういった要素を持っているのです。

簡単に言えば、保険会社です。こういった機関の場合、年金という考えより、投資的な意味合いの方が強いようです。では、個人年金は一体どういったところで加入できるのでしょう。また、民間生命保険会社の他にも、民間損害保険会社が取り扱っている事もあります。


相互リンク
後遺障害


個人年金の加入割合

郵便局の次に多いのは、民間損害保険会社の個人年金保険ですが、割合的には10%にも満たず、生命保険会社の1/10以下です。全体の3/4が、民間生命保険会社の個人年金保険に加入しているようです。ここまで民間生命保険会社が強い理由は、やはり知名度に尽きます。こういったことからも、個人年金が他の金融商品や公的年金と比較しても、遜色ないような知名度と認識を得ている事がわかります。

実は、民間生命保険会社が圧倒的に多いようです。その数は、年々上 昇の一途で、現在では約3割の人が公的年金以外の個人年金に加入していると いう統計データが出ています。同じ事が、他の機関にもいえます。しか し様々な年金問題が浮上するにつれ、公的年金に関しての信頼度が揺らい だ結果、個人年金への興味、関心が比較的上昇したようで、現在ではか なりの加入者に上っています。もともと未納者が多い公的年金ですが、 これにより、さらに未納者増加に拍車がかかった形になってしまったようです。

郵便局の個人年金は人気が高いと言いますが、全体の1割強に留まっています。その個人年金ですが、ではどの機関のプランに加入している人が一番多いのでしょう。一方、郵便局が個人生命保険を取り扱っているという事は、あまり多くの人は知っていないようです。年金問題以降、かなり宣伝を行っているので、生命保険会社の個人年金は比較的有名です。

知っている人には安心感があると評判が良いのですが、郵便局が積極的に宣伝している所はあまり見かけないので、知らない人 が多いのは必然かもしれません。さらに、JAや全労災、銀行、証券会社などといった所は、いずれも全体の5%以下となっています。個人年金とい うと、比較的マイナーな金融商品というイメージがこれまでありました。これまでの経緯をみれば当然と言えるかもしれませんが、今ではかなりメジャーな 商品になってきています。国からの年金だけでなく、老後への貯金、という形で利用出来る、この個人年金を利用している人も右肩上がりに増えているのです。

加入手続き

個人年金に加入する場合、申請をする必要があります。そういったところで契約するのは確かに楽ではあります。もし、わからない場所があった場合は、自分で曖昧なジャッジをするのではなく、電話やメールで会社に問い合わせましょう。セールスの方が必要事項を教えてくれたり、わからない所を教えてくれるからです。

記入が終わったら、本人確認資料として、運転免許証や健康保険証のコピーを同封し、それらの書類を返送する事になります。この辺りの流れは基本的にどういった会社と比較しても大体同じです。申請をすると必要書類が送られてくるので、それらに必要事項を記入します。それほど難しい事はないので、問題なく実行できるかと思います。

個人年金は、比較的セールスが少ない金融商品でしたが、近年では年金問題 を話の種にしたセールスがかなり増えてきているそうです。この辺りの基 本事項は、他の保険と比較してもほとんど変わりません。そういった点 を考慮すると、資料請求をしてからの申請、そして契約という流れが比 較的安全です。そこで、保険料専用の振込用紙にて保険料を振り込む ことで、個人年金の契約が正式に成立という形になります。 日本の現在の状況を考えると普通の年金だけだと不安を感じている人が 多く、保険会社の年金に入る人も急増しているようです。

書類を送ったら、今度は保険料専用の振込用紙や、契約申込書の控えが送られてきます。ですが、そういっ たセールスでの契約は、自分の中でどこか焦りながらの記入になってしまいがちです。ここまできて断れない という気持ちも働くでしょう。そこで、会社の対応を見る事ができるので、本当にその会社と契約して良いかと いう判断もできます。このような手段を使ってその会社が良いところなのか、悪いところなのかをしっかりみきわめ、 すぐに会社を決めないようにしましょう。

種類

個人年金というのは、投資的な要素があります。これは、保険料をどういった支払い方にするかという観点で種類わけしているものです。そのため、多くの場合は、配当や年利などの所謂変額年金としての運用が行われます。もうひとつは、積立払いという方法です。それも間違いとはいえませんが、意味がない事はありません。

比較的わかりやすいところでいうと、まず保険料の支払いの種類というものがあります。そういった点を考慮した上で、利用を考慮する必要があります。その為、深い内容に関してはあまり知られていないという面もあり、現在非常に多くの保険会社が普及に勤しんでいます。それだけのお金があるなら、貯金しておけばわざわざ保険会社の世話にならなくても良いという考えの方もいるでしょう。

基本的には2種類で、まず契約時に全ての保険料を一括して支払うという一時払いというものがあります。では、個人年金にはどのような種類があるのでしょう。よって、得する事もあるし、損する事もあり得ます。そんな個人年金ですが、基本的な概念では、加入者の保険料で運用を行い、そのあとに一定期間の「年金」を支払うというシステムになっています。

問題はその一定期間や、保険料の金額といったところですが、こういったところは個人年金の種類でも変わってきます。この一時払いというのは 、何となく意味がないように思われる方もいるかもしれません。これは、一ヶ月、あるいは半年、一年といった期間で定期 的に保険料を払っていくという、比較的公的年金に近い形での積立となります。個人年金は、比較的最近話題になった保 険の一種です。 この保険のこともしっかりおさえておいた方がのちの役に立つでしょう。